現在位置:トップページ > 最新情報

最新情報

最新情報

中国宋 慶 齢基金会の 胡正 躍 副主席一行が私 館 に調査 研究を展开した

発表時間:2019年06月12日


発表日:2019年5月23日   著者: テキスト、 撮影:張一涵

2019年5月22日午前、中国 基金会の胡正 副主席一行が北京自然博物 に調査研究と 座談会を行った。北京市科学技術研究院の郭広生院長、 研究 院の関連処の責任者および 研究 院の一部の単位代表と共に座談会に参加した。

座談会に先立って 来賓らは郭広生院長の案内で、「古爬動物」、「動物—人間の友人」、「不思議なアフリカ」、「植物の世界」などの展示場を興味深く訪れ、北京自然博物館の概観と標本庫を見学した。

座談会で孟慶金館長は私が館の基本的な状況と、近年の科学研究、科学普及、展示、コレクション、新館拡張などの仕事ぶりを詳しく紹介した。郭广生院長は北京科学技術研究院の基本状況、歴史と未来の発展方向を中心に紹介した。同時に、北科院科学伝達センターを設立する目標と任務を紹介し、北京自然博物館は北京科学技術研究院傘下の 科学普及 単位 及び 「北京科学技術研究院の科学伝播センター」の 設立 単位として、 ずっと自身の 資源を深く掘ってき て、 視野 を広げ、科学の革新、学问伝播などの仕事を していた。 今回の交流を通じて共同に発展でき、 調和 、学问、教育をめぐって、新しい持続可能な発展の道を 作りたい 私館の 情况を 了解 した后、 胡正 副主席は 私館 の近年の仕事を十分に 認め 、中国 基金会と中国公共外交 協会 関連状況及び 今回の 調査 目的を 紹介 した。そして、中国宋慶齢基金会は主に科学技術と学问交流を重点としており、博物館は学问と科学技術を結びつける重要な担体として、展示、研究、科学教育など 方面から学问伝播 革新を行い、自らの努力と貢献を行うべきだと 胡正 副主席が述べた。

会議では、双方はさらに相互理解を深め、協力の詳しさを深め、 これから展開する全面的な 科学技術や科学普及など 深い協力と交流 について合意した。それは、精品を 社会 の献身を重視し、科学 コミュニケーションを強化し、「一帯一路」の学问ブームを促進する こと。


 




 


       



Copyright ? 2018 Beijing Museum of Natural History
All rights reserved

XML 地图 | Sitemap 地图
Baidu
sogou